What's SDGs

SDGsとは

SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択された
「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals」の事を意味し、
17のゴール・169のターゲットから構成された2030年までの国際目標です。

私たちのこの世界は持続不可能な世界と言われています。

世界自然保護基金(WWF)が発表している「エコロジカル・フットプリント」によると、人類は、地球が年間に再生する資源量の【1.7個分】を使ってしまっていると発表されています。 環境問題だけを挙げても、持続不可能なことはあきらかです。

世界では紛争や、終わりの見えないテロ問題水の汚染、トイレ問題、北極圏の氷の加速度的な減少。日本でも、頻発する災害や、人口減少、超高齢化社会など面挙げるとキリがありません。

持続不可能と言われている世の中を、持続可能な世の中にするために 今、世界が動き出しています。

その目標として定められ みんなが向かうべき道しるべとなり、環境・社会・経済の抱える課題を集め 17個の目標としてまとめあげられた『世界共通目標』が、SDGsです。

先進国も新興国も途上国も、会社も個人も、あらゆる垣根を越えて協力し、「誰一人取り残さない-No one will be left behind」を理念として、より良い未来をつくろうと国連が定めた目標であり 世界の問題を、2030年に向けて変革することを目指して策定されたのが SDGs「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」です。