1. HOME
  2. ブログ
  3. おにぎりで世界を変える! SNSにおにぎりの写真投稿で途上国の子供達に給食が届く「おにぎりアクション」とは?

おにぎりで世界を変える! SNSにおにぎりの写真投稿で途上国の子供達に給食が届く「おにぎりアクション」とは?

日本のソウルフードであり、大切な人に愛を込めて握る機会が多いおにぎり。
日本人にとって、ほんとに身近な食べ物ですよね。

そんなおにぎりで社会貢献ができる「おにぎりアクション」が今ブームになっていることはご存知ですか?

おにぎりアクションは、国連が制定した10月16日の世界食料デーを記念して、世界の恵まれない子供達に給食を届けよう!というプログラムです。

 

こちらは2015年から始まり、今年で4回目の実施。期間は10月10日〜11月20日まで。

ではそんなおにぎりアクションにはどうやって参加できるのか?
その方法はとってもシンプルです。

おにぎりにまつわる写真を撮り、ハッシュタグ「#OnigiriAction」をつけ、SNSで投稿、またはTABLE FOR TWOの特設サイトに投稿すると、給食5食分の給食が世界の子供達に寄付されます。

おにぎりは手作りでも買ったものでもOKで、期間中に何度でも投稿できます。

参加費は無料で、必要なものはおにぎりだけ!というシンプルさなので、誰でも簡単に参加できちゃいます。

 

さらにプラスのアクションで、

① 「お〜いお茶と一緒に投稿」もしくは
② お出かけ先でのおにぎり写真に2つのハッシュタグ「#OnigiriAction」「#家族史上最高のお出かけ」と投稿すると
5食追加の計10食分の給食が寄付されます。

(※①はすでに上限に達したため終了しています)

美味しいものや見た目がいいものは思わずシェアしたくなりますし、日常の中で楽しみながら、身近なもので社会貢献ができるというところがいいですね♪

このプロジェクトの発起人であるTABLE FOR TWOは「地球は一つの食卓だ」と考えることを呼びかけています。

 

TABLE FOR TWOは直訳すると「二人の食卓」

先進国の私たちと途上国の子供達が時間と空間を超え、食事を分かち合うというコンセプト をもとに、活動をされています。
サステナビリティ(持続性)を保つためには、参加者側にとって簡単で身近で楽しめるものである、ということがポイントになるのだと思います。

おにぎりを投稿するだけで、世界の子供達に給食を届けられるなんて、とっても夢がありますよね!

さぁあなたも今日はおにぎりを握りませんか?^^

 

【参照サイト】

おにぎりアクション公式サイト

TABEL FOR TWO公式サイト

(※画像は上記サイトより引用)

 

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事