1. HOME
  2. ブログ
  3. ノルウェーの豪華クルーズ船を動かすエネルギーが魚の死骸!? 世界で最もエコなクルーズ船の運行をフッティルーテンが開始!

ノルウェーの豪華クルーズ船を動かすエネルギーが魚の死骸!? 世界で最もエコなクルーズ船の運行をフッティルーテンが開始!

絶景を眺めながら豪華クルーズ船の旅… 想像するだけで優雅な気持ちになりますね。

今世界的にも人気のクルーズ船の旅ですが、1隻が1日に排出する温室効果ガスは 車100万台分にも相当するということはご存知でしょうか?

そんな現状を変えるべく、ノルウェーの海運会社である フッティルーテン(Hurtigruten)が立ち上がりました。
フッティルーテンが着目したのは魚の死骸やアラ、業業ゴミを原料とするバイオガス。
バイオガスは化石燃料に比べ、温室効果ガスの排出が格段に少ないと言われている次世代型のエネルギーです。

フッティルーテンは、ノルウェーのフィヨルドやノールカップ観光、 そしてノルウェー沿岸以外にも北極クルーズなども行う世界大手の海運会社ですが、 2021年までに所有するクルーズ船17隻のうち、6隻にこのバイオガスを取り入れると発表しました。

同社は他 、2018年夏にクルーズ船内での使い捨てのプラスチックの使用を廃止するなど、環境保護に積極的に取り組んでいます。

化石燃料を使わないクルーズ船の先駆けとなるフッティルーテンの取り組み。

最近ではゴミを出さないツアー「Zero Waste Tour」なども注目を集めていますが、 日々の生活のみならず、非日常である「旅」の中だからこそ、 一息ついて地球への思いやりの気持ちを持てる時間があるのもいいですよね。

バイオガスで動くクルーズ船。 これが世界のスタンダードになる日もそう遠くないのかも。

 

【参照サイト】 ・https://global.hurtigruten.com/https://www.hurtigruten.de/…/gruene-innovation-hurtigruten…/

(※画像は上記サイトより引用)

 
 
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事