1. HOME
  2. ブログ
  3. ストップ!紙コップ! アメリカ・ボルダー発のVessel Worksがカフェでステンレスタンブラーの貸し出しサービスをスタート

ストップ!紙コップ! アメリカ・ボルダー発のVessel Worksがカフェでステンレスタンブラーの貸し出しサービスをスタート

1日の始まりは1杯のコーヒーから。

カフェやコンビニでコーヒーを買い、紙コップを片手に出勤をする…よく見る風景ですね。ただこの使用済みの紙コップ、汚れるとリサイクルが難しく、ただのゴミとなってしまうということはご存知でしょうか?

というのもほとんどの紙コップの内側には薄いプラスチックの層があり、そのプラスチックと紙を切り離すという作業には費用がかかりすぎるため、ゴミとして処分されているというのが現状です。

マイボトルやタンブラーを持参する人も少しずつ増えてきてはいるものの、ずっと持ち歩かないといけないことや自分で洗わないといけないという煩わしさもあるため、現状紙コップに依存している人がほとんどです。

そこで、その現状に目をつけたアメリカ・コロラド州のボルダー発の企業Vessel Worksが、カフェでステンレスタンブラーの貸し出しを開始しました。

仕組みはというと、カフェで飲み物をテイクアウトで注文する際に、紙コップではなくステンレスタンブラーを選択し、飲み終わったら、Vessel Worksと提携しているカフェ、または街中のキオスクにタンブラーを返却するというもの。

サービスの利用は基本的に無料で、5日間以内に返却されなかった場合のみ料金が請求されます。

この無料貸し出しステンレスタンブラーを利用するメリットは、ゴミを減らせるということはもちろんのこと、紙コップよりも保温性に優れているため、より長時間美味しいコーヒーを楽しむことができます。

マイボトルやマイタンブラーと違い、飲み終わったら洗わずそのまま帰宅途中にでも、近くのキオスクに返却するだけなので、煩わしさもありません。

図書館で本を借りて期間内に返却する。
カップもそれと同じような感覚で人々が利用できたら、大量に廃棄されている紙コップゴミの問題は間違いなく軽減されます。

利用者も手軽に始められて、メリットもある。

このサービスを開始するには周辺のカフェなど店舗同士が協力しあう必要がありますが、ゴミ問題が深刻な日本でも開始してほしいですね!

 

【参照サイト】

Vessel Works Official Website

Vessel Works Facebook Page

(※画像は上記サイトより引用)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事